スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<伊香保温泉>石段を70メートル延伸 「石段街」、県道からくっきり(毎日新聞)

 群馬県渋川市の伊香保温泉で22日、石段の延伸工事完工式が開かれた。階段を約70メートル下側に延ばしたことにより、同温泉のシンボル「石段街」が、階段下を走る県道からくっきりと見えるようになった。

 石段の延伸は、渋川市の伊香保温泉再生事業の一環。従来は県の研修保養施設「観山荘」に遮られ、県道から石段街を望めなかったが、市はこの施設を約4億3600万円で取得。「温泉再生の起爆剤に」と跡地に石段を延ばした。新しい石段街は広場部分(38段)を除き、従来の352段から365段になった。

 伊香保温泉観光協会の千明三右衛門会長は「石段の場所が分かりにくいという声が多かったが、歩きに来てくれる観光客が増えると思う」と話した。【鳥井真平】

【関連ニュース】
「アイリス」ブームに期待 国内放送開始、アジアでも /秋田
韓国女優ら2人、TV撮影で青森に
下呂温泉観光ナビ:「夏・秋編」観光協会が発行
高千穂鉄道:「列車の宿」で復活 足湯や森林浴楽しんで--日之影温泉駅
温泉:鉱石やセラミックボール入れても温泉なりません 国民生活センター、商品テスト

<口蹄疫>宮崎の牛、疑い新たに3頭 計12頭に(毎日新聞)
嫌な同僚の頭、金づちで殴る 警備員を逮捕(産経新聞)
明石小の保存をイラストで訴え(産経新聞)
首相、徳之島1万5千人集会は「一つの民意」(読売新聞)
ARBとCa拮抗薬の配合剤選びは「薬価の差がファクター」(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

モスバーガーに64歳ナタ強盗…家なく金なく(読売新聞)

 18日午前0時25分頃、名古屋市南区鶴見通、「モスバーガー柴田鶴見通店」で、男が店内に灯油のような液体をまいたうえ、男性アルバイト店員(42)にナタ(刃渡り約20センチ)を突きつけ、金を要求した。

 しかし、アルバイト店員が抵抗、すきを見て店外へ出た女性アルバイト店員(21)も付近をパトロール中の南署員に通報。男は現行犯逮捕された。男性アルバイト店員は、男ともみ合いになった際、顔と左手に軽いけがをした。

 発表によると、強盗傷害容疑で逮捕された男は、住所不定、無職白石正容疑者(64)。白石容疑者は調べに対し、「1か月前から無職で、県営住宅も追い出された。金が欲しかった」と供述しているという。

「商品に毒物」、ローソン恐喝=現金受け取りに来ず-警視庁(時事通信)
明石歩道橋事故 元副署長を全国初の強制起訴(産経新聞)
<八幡浜漁協>女性職員が顧客定期7000万円分を無断解約(毎日新聞)
介護老人施設で虐待か=裸を撮影、ベッドに落とす-栃木(時事通信)
また年取っちゃった「たちあがれ日本」70歳・戸塚氏入党(スポーツ報知)

駅ビル無差別殺傷、懲役30年=無期を減刑-東京高裁(時事通信)

 東京都八王子市の京王八王子駅ビルで2008年、アルバイト店員ら女性2人が刃物で殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた元会社員菅野昭一被告(35)の控訴審判決が14日、東京高裁であった。植村立郎裁判長は「被告の精神遅滞は強く、酌むべき事情に当たる」として、無期懲役とした一審東京地裁立川支部判決を破棄し、懲役30年を言い渡した。
 植村裁判長は一審と同様、被告の完全責任能力を認定。その上で「当初から無差別大量殺人を計画していたとは認められず、被告の精神遅滞を考慮すると、一審判決は重過ぎる」と、減刑理由を述べた。
 判決によると、菅野被告は08年7月22日夜、同駅ビル9階の書店で、アルバイト店員斉木愛さん=当時(22)=の胸を洋出刃包丁で刺し殺害、20代の女性客の腹なども刺し重傷を負わせた。 

【関連ニュース】
ナイフで突然女性襲う=殺人未遂容疑で27歳女逮捕
職質警官刺され重軽傷=男が逃走
両腕遺体は女性会社員=競艇場に流れ着く?
刃物強盗、男2人を逮捕=薬局に押し入り70万円奪う
酒店主強殺で無職男に無期懲役=「殺意に基づき計画的」

郵便不正、元局長「作文調書」署名求められた(読売新聞)
「舛添氏、政局に関係ない」=民主・渡部氏(時事通信)
670年ぶり開門 東寺の東大門(産経新聞)
<お父さん犬>名誉駅長に 福井鉄道・北府駅(毎日新聞)
衆院国交委が日航本社視察=経営陣「状況改善」と説明(時事通信)

山崎さん&野口さんがきぼうでツーショット(産経新聞)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は8日、日本人で初めて宇宙で対面を果たした山崎直子さん(39)と野口聡一さん(44)が、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」で一緒にいる写真を公開した。

 山崎さんは7日、米スペースシャトル「ディスカバリー」でISSに到着。さっそくきぼうの船内実験室に入り、野口さんと一緒に満面の笑みで手を振っている。

【関連記事】
[フォト]「きぼう」の中での山崎直子さんと野口聡一さん
山崎さん、先頭で笑顔の入室 国際宇宙ステーション
日本人搭乗 最後のシャトル 有人技術の基礎確立 物資輸送・科学実験・船外活動
山崎さん「宇宙からのつぶやき待ってて」
野口さん、のびのび宇宙生活3カ月

名張毒ぶどう酒事件で、最高裁が高裁に審理を差し戻し (産経新聞)
<恐喝容疑>車に赤色灯付け警官装い 59歳男逮捕 茨城(毎日新聞)
「自民党自身が生まれ変わる」谷垣氏、党職員に異例の訓示(産経新聞)
銀河団の成長とらえた=衛星「すざく」で-理研など(時事通信)
収納ケース女性遺体 殺人容疑で再逮捕へ 東京地検(産経新聞)

【風】画一的無償化でモラルハザード(産経新聞)

 高校授業料の無償化に関し、≪少し甘やかしすぎでは≫≪みんな格差なく平等というのは結果、だめ人間を増殖する≫と指摘する男性(62)の意見を以前紹介したが、和歌山県に住む辻貴之さん(59)=ペンネーム=は、3月に出版した「民主党政権と破壊衝動」と題する著書の中で、「高校無償化の無意味さ」として2ページにわたって持論を展開している。

 辻さんは30年以上公立高に勤務し、昨年退職したばかり。現場経験を踏まえ、無償化を「バラマキの典型であり、予算の無駄遣いの典型でもある」と断じ、「『タダほど高いものはない』という結果になるのが目に見えている。『授業料が払えなくて高校へ行けない生徒をなくす』ためならば、高校生全員を対象とするのは筋が通らない」と批判している。

 「塾でもカウンセリングでも、それにかかる費用が高いほど効果が上がる。少なくとも、そのような傾向がある。費用がかかると、利用者の真剣度が増すのである。たやすく手に入れられるものからは学ばない。それが人間なのである」

 その上で、大半の生徒が高校に進む実情についても、手厳しく切り込む。

 「裏を返せば、適性がないにもかかわらず、高校へ進学してくる生徒が多いということである。高校へ行っても学ぶ意欲がなく、青春という貴重な時間を無駄に過ごす生徒も少なくない」

 舌鋒(ぜつぽう)は保護者にも向かう。辻さんは「わが子を一人前の成人に育てるのは、経済面も含めて基本的には親の責任なのである。それなのに政府が安易に援助すれば、親もまた自らの責任を軽く考えてしまうことになる」と警鐘を鳴らす。

 無償化は、「教育費の負担の重さを考えれば、安心して子供が産めない」という社会的要請に照らして必要というのが、そもそもの出発点。だが、個別の経済事情を考えない画一的な補助は、かえってモラルハザードを招きかねないというのが辻さんの指摘だ。

 制度は始まった。ならば、保護者の側はいかなる責任感を持つべきか。最終回に、今一度考えてみたい。(健)

政府・民主首脳会議、参院選・会期延長テーマに(読売新聞)
「子宮頸がん予防ワクチン」接種しますか、しませんか。(医療介護CBニュース)
パンダの良浜、おめでた?ベビー今夏誕生に期待(読売新聞)
花見 スカイツリーの下で 東京の新名所に(毎日新聞)
トキ 襲撃事故で検証委発足 「天敵対策甘すぎ」初会合で(毎日新聞)

手配写真を更新=日本赤軍メンバー-警察庁(時事通信)

 警察庁は1日、国際手配中の日本赤軍メンバー7人のうち3人の写真を更新したポスターを作製すると発表した。横浜市でアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が開かれる11月を前に、空港や駅などの公共交通機関のほか、海外の治安機関などに計約11万枚を配布。メンバーの発見に向けた情報収集を強化する。
 新しくするのは佐々木規夫(61)、奥平純三(61)、大道寺あや子(61)の3容疑者の写真。1994年か98年ごろ撮影された。
 佐々木、奥平両容疑者は98年ごろ、日本に潜入して実在する日本人男性名義の旅券を取得し、出国していたことが2004年に判明。大道寺容疑者も外国人を装って海外に潜伏していたという。 

【関連ニュース】
「危機感共有し、完遂を」=APEC警備で対策会議
APECジュニア会議が閉幕=平和求める宣言採択
自由化評価、6月に報告案=日本APEC、初会合閉幕
自由化の進展を評価へ=広島で事務レベル会合開幕-APEC
APEC控え協力態勢確認=税関、県警など横浜の4機関

連携全く考えず=与謝野氏ら「新党」で-菅副総理(時事通信)
小沢氏、共同資産不記載 土地とホテル 公表義務に抵触も(産経新聞)
<普天間移設>交渉で「共通認識を」 閣僚協議で首相(毎日新聞)
三井マリ子さん逆転勝訴 館長職の雇い止め訴訟(産経新聞)
高速道に上限料金=車種別、6月から-普通車2千円、軽千円・国交省(時事通信)

母親を鑑定留置=2カ月娘揺さぶり殺害-大阪地検支部(時事通信)

 堺市で母親が生後2カ月の娘を強く揺さぶり死亡させた事件で、大阪地検堺支部は1日までに、殺人容疑で逮捕された無職武中明日香容疑者(24)について、地裁堺支部に鑑定留置を請求し、認められた。決定は3月30日付で、期間は4月1日から6月29日まで。
 地検堺支部によると、武中容疑者が育児ストレスなど精神不安を供述していることから、公判で刑事責任能力が争点になる可能性があり、捜査段階での鑑定が必要と判断したという。 

【関連ニュース】
15歳長男、母刺す=容疑で逮捕、進学で口論か
殺人容疑で男逮捕=面識なく突然刺す
乳児殺害容疑、父を再逮捕=家族3人死亡事件
楓ちゃんに卒業証書=女児誘拐殺害で小学校
乳児殺害、母を不起訴=心神喪失と判断

<強奪>3人組が風俗店事務所から200万円奪う 横浜(毎日新聞)
伊調千春さん 故郷・青森の高校教諭に(毎日新聞)
岡田外相、ゲーツ米国防長官の会談要旨(産経新聞)
<足利事件>菅家さんの公民権が回復 選挙権も復活へ(毎日新聞)
ツシマヤマネコの感染防止へ飼い猫管理条例(読売新聞)
プロフィール

たがみきみお

Author:たがみきみお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。